金正恩はカダフィと同じ道を辿る?

せっかく米国が、核・ミサイル実験を中止すれば、対話に応じると手を指しのべたのに、その手を振り払うかのように、7月29日には、日本領空を通過して北太平洋にミサイルを発射し、さらに、8月3日は水爆実験を行い、自ら対話の扉を閉ざしてしまった。 これに…

雪隠詰めにされつつある金正恩

国際社会から激しい批判に一切耳を貸すことなく、核実験を繰り返し、各種ミサイルを発射して日本や韓国のみならず、米国を威嚇してきたが、どうやら、こうした手法も手詰まりになりつつあるようだ。 6回目の核実験を強行しょうとしたが、米国は空母「カール…

米軍のシリア攻撃は第2次朝鮮戦争への号砲!?

4年前の2013年にこれを断行しておれば、その後のロシアによるクリミア半島併合やウクライナの内戦、中国の南シナ海における岩礁の埋め立て、北朝鮮よる急激なミサイル開発は無かったかもしれない。 そう、2月6日に行われた、米軍のシリア空軍基地に対する巡…

金正恩排除の始まり?

2017年3月7日、ハンソル氏を名乗る男性の動画がユーチューブに公開された。 その動画は、脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」のホームページに掲載されたもので、時間は僅か40秒と短かったが、この動画で語られた話の内容は、重要な意味をもつ…

トランプ大統領の「心臓」を掴んだ?!安倍シンゾウ

「毒を喰らわば皿まで」と言うが、2月10日からの安倍首相の訪米は、正に、これを地で行ったものだろう。 米国内のみならず世界中からも警戒され、非難され、孤立気味のトランプ大統領とサシで2回目の会談をするどころか、ゴルフまで付き合うというのだから…

タガをはめられた?トランプ暴言

根拠や整合性のない自分の主張や願望を一方的にまくしたて、都合の悪い質問には偽ニュースだと罵倒して質問を遮り、子供のケンカの場と化した1月11日の記者会見を見て、世界中に失望と不安が広がった。 最早、棺桶に半分以上足を突っ込んだ70歳のジイさんに…

トランプ大統領誕生は、日本にとってピンチ?チャンス?

トランプ候補が選挙期間中に発した「在日米軍の撤退」「核武装の容認」「TPPからの離脱」といった数々の刺激的な発言は、日本では、こころ穏やかならずとも、どうせクリントンが勝利するのだからと、それほど重く軽く受けとめられることはなかった。 ところ…

仲裁裁判2兆5000億円の口止め料は、高い?安い?

失敗しない外科医「ドクターX」の大門未知子が、いわくつきの手術をするたびに、出術料と「口止め料」を含めて1,000万円単位の多額の料金を請求するが、同じ口止め料でも、中国の口止め料は桁が違うようだ。 なにしろ、仲裁裁判を口にしないと約束するだ…

口喧嘩から実行動の段階へ 対中・北朝鮮

8月24日、SLBMの発射、9月5日、3発のミサイルが同時に発射され、6日には、3発のミサイルが次々と天空に向かって上昇する映像が公開された。 国民は、これまで見たこともない壮観な光景に度肝を抜かしたことだろう。ところが、その衝撃が冷めやらぬ9日に…

本当に強く、逞しくなった日本選手

果たして開催できるのかと世界中をヤキモキさせたリオ・オリンピックが8月21日、テロや大きな事故もなく無事閉会した。 政治的混乱、資金不足、環境悪化、治安上の不安、工事の遅れなどなど問題山積にも拘わらず、なんとか開催にこぎ着け、無事17日間の競…

常任理事国としての責務を自ら放棄した中国

これをヤブヘビというのだろう。まだ、判決も出ていないのに、裁判は不当なものであり、判決には従わないと明言し、これ見よがしに軍事拠点化を進める。 中国としては先手を打って、少しでも有利な判決を引き出そうとしたつもりが、国際秩序に対する挑発的な…

世界のトラブルメーカー?英国

古くは、第2次大戦の引き金を引いたチェンバレン外相、新しくは、余りにもうさん臭いため、だれも相手にしなかった中国のAIIBに、参加の流れを作って「一帯一路」(中華経済圏の拡大)に手を貸したオズボーン蔵相、そして、今度は、EU離脱によって、西側のリー…

今、「そこにある危機」を直視しょうとしない日本国民

伊勢志摩サミットやASEANでの批判、米軍の自由航行作戦と、四面楚歌にも拘わらず、南シナ海での軍事拠点化を進め、しかも、国際司法裁判所の判決には従わないと明言した。これは、中国は、自分に都合の悪い国際法に従わないことを宣言したようなものだ。 そ…

何だろう、この微妙な空気は?オバマ大統領の広島訪問

5月27日、オバマ大統領が広島を訪問した。原爆資料館を見学し、慰霊碑の前で花輪をささげ、17分に及ぶ悼辞を通じて、格調高く、核兵器のもつ残忍さと、核廃絶の重要性を訴えたことは、被爆者のみならず、国民やマスコミに好意的に受け取られ、一定の評価…

トランプ大統領誕生に備えて核武装論議を

「瓢箪から駒」ならぬ「瓢箪から怪獣」が出てきたのが、米国の大統領予備選挙だ。これまでの米国の国是を完全に否定するトンデモ発言を繰り返し、最初は、その内消え去るだろうと泡沫候補扱いだったが、余りにも刺激的な発言をするためマスコミが大きく取り…

これは戦争!?熊本地震

別府、日田、山鹿、熊本、益城、南阿蘇、八代などなど、懐かしい地名が次々と出て来る。 15年ほど前、久留米に1年半ほど単身赴任していた時、暇に任せて休日には九州各地の温泉を巡り歩いたが、熊本周辺の温泉にもよく行ったものだ。 それが、4月14日、震度7…

相手にしてもらえない金正恩

「核による先制攻撃を行う!!」、「総力戦だ!!」、「核実験と弾道ミサイルの発射準備を命じた!!」など、威嚇を繰り返し、賢明にアピールしているが、実際の行動は、サイバー攻撃や中距離ミサイルを数発発射する程度のショボイものばかりだ。 そのためか、韓国…

こんどこそ戦争?!米韓合同演習

子供の兵隊さんごっこが、本物の戦争になりそうな感じだ。原子力空母、ステルス戦闘機F-22、ステルス爆撃機B-2と最新の兵器に加え、特殊部隊まで参加して金正恩の暗殺を訓練しているのだから、米軍の本気度は半端ではない。 これまでは、子供だと思って軽く…

北朝鮮の核・ミサイルの真の脅威とは?

北朝鮮が当初の予告を1日前倒しして、2月7日、ミサイルを発射した。ミサイルは大気圏外に物体を放出して周回軌道に乗せたことから、成功したと言えるだろう。 日本はイージス艦を配置するとともに、PACS3を地元の調整を待つことなく見切り出港させて先島諸島…

案の定のインドネシア高速鉄道

蜘蛛は餌を取るとき、まず、蜘蛛の糸で相手を絡めとって身動きできなくして、ゆっくりと料理して食べる。 中国が強引に日本から奪い取った、インドネシア高速鉄道のその後の経緯を見ると、正に、蜘蛛(中国)の糸に絡めとられた餌(インドネシア)と同じ様相を呈…

民主+維新の新党名は「スキャンダル追及党」

さすが、武田四天王「甘利虎泰」の末裔だ。甘利経済再生相は自らの責任を認め、潔く腹を切った。 個人的には、辞任する必要はないと思う。確かに大臣室で氏素性の怪しい人物と面会し、適切に処理するよう指示したとはいえ、お金を受け取ったのは、脇が甘かっ…

虚構だった「オール沖縄」

1月24日に行われた沖縄県宜野湾市の市長選は、自公推薦の佐喜真候補が、約6000票もの差をつけて圧勝した。 その勝因は、「一日も早い普天間飛行場の返還と、その移設先は国に委ねる」としたことにある。 そもそも、外交・防衛は国の専管事項であり、一地…

夢・幻であった中韓の蜜月

北朝鮮を抑えるには、オバマなんて当てにならない、ましてや、日本なんか目じゃない。やっぱり、頼りになるのは「寄らば大樹の陰」で、歴史的な宗主国である中国だ!!と踏んで、大統領就任以来、習近平に接近して歴史問題で共闘し、米国の意向に逆らってAIIB…

緩慢な集団自殺に向かう中国☆日本人は速やかに撤退を!!

PM2.5による大気汚染、工場廃液の垂れ流しによる水質汚染、毒野菜の蔓延、そして、ヒタヒタト忍び寄る砂漠化等々、中国の大規模な環境破壊は留まるところを知らず、拡大の一途をたどっている。 そして、その弊害は、すでに顕在化しつつあり、その最も象徴的…

天狗の鼻をへし折られた!?プーチン大統領

驕れる者久しからず。クリミア半島の併合、ウクライナ東部地域の占領、はては、北方領土占領の正当化等々、やりたい放題、言いたい放題の強面プーチン大統領が、いきなり、背後から強烈なアッパーカットを喰った。 そう、11月24日のトルコ軍機によるロシア軍…

所詮「裸の王様」だった!?中国

11月23日、ASEANは、21日にマレーシアで開催されたASEAN首脳会議の議長声明を発表した。 その内容は、南シナ海問題では人工島の軍事化に対する懸念、航行の自由の重要性、国際法に沿った平和的解決、常設仲裁裁判所の審理に中国が応じるよう促すものであった…

空爆だけで「イスラム国」を壊滅できる?

イスタンブールの爆弾テロ、ロシア旅客機の爆破、そして、11月13日のパリ同時テロと、こうも立て続けに大規模テロが頻発すると、小規模な空爆だけでお茶を濁してはおれなくなった。 特に、COP21に備えて警備態勢を強化していたさ中に、たった8名のテロリスト…

新規参加のハードルを上げるTPP、その真の狙いは?

TPPの大筋合意後、その内容が発表されたが、農産物や畜産物に関しては、関税撤廃品目が、予想していたよりも多いなというのが正直な感想だ。しかし、その割には、農協や畜産団体の反発がそれほど大きくないのも、予想外であった。 もう、国には、補助金漬け…

真綿で首を絞められる中国の人工島

11月4日に開催された拡大ASEAN国防相会議においては、米国が主張する「行動の自由」を盛り込んだ共同宣言を出すことなく終わった。 ASEAN10か国の内、米国の主張を支持したのはベトナム、フィリピン、中国の主張に理解を示したのはラオス、カンボジア、残…

中韓とは、冷え切った関係から、冷えた関係で十分

「砂を噛むような感じ」とはこのことを言うのだろう。11月1日、3首脳が顔をやや引きつらせながらも、無理やり笑顔を浮かべて手を重ね合っている姿は、なんとも居心地が悪く、違和感のあるものであった。 中韓両国が日本との関係改善の前提としていた、尖…