個人旅行でアクシデントに遭遇しやすい人

個人で海外旅行に行くと何かしらのアクシデントは起こるものです。

それは、アクシデントが起こる原因があるからで、その原因を取り除くことができれば、ある程度、アクシデントが起こるのを防ぐことができます。

道を間違えるのは、地図をしっかり見ていないからですし、公共交通機関の乗り場を間違えるのは、リサーチ不足と思い込みです。もし間違ったら、窓口で聞けば解決します。

空港のロビーなどでは、よく荷物が盗まれますが、それは、荷物が自分の目の視界の外にあるためです。

置き引きやひったくりは、荷物から目を離して油断している隙に行われるからです。

また、タクシーに乗った時によくある料金に関するトラブルは、正規のタクシーではなく白タクに乗ってしまったからです。

料金メーターが付いていないタクシーに乗る場合は、走りだす前に料金交渉するのが常識です。

その他、屋台で売っている食べ物を食べたらお腹を壊した、観光地で写真をとってもらったら料金を請求された、などのアクシデントに巻き込まれるのは、日本と同じような感覚で海外旅行をしていて油断しているからです。

海外では日本の文化は全く通用しないし、日本のように清潔な環境な国は、まずないと考えて行動しましょう。

パッケージツアーの予約方法