振り込め詐欺をどう防ぐ?

警察や金融機関の様々な取り組みにもかかわらず、振り込め詐欺被害が止まらない。以前は、子供を装った電話で銀行にお金を振り込ませるという単純な手口だったが、最近では、現金を郵送させる、「受け子」に現金を受け取らせるなど、手口が一段と巧妙化しており、有効策がないのが現状だ。

その一方で、防犯カメラが至る所に設置され、犯行現場や犯人の動向がしっかりと撮影されるようになり、摘発もやりやすくなった面もあるようだ。

こうした悪質な詐欺被害にあわないためには、自己防衛しかない。当事者が騙されないようにすることだ。

私は、携帯でも固定電話でも、登録していない番号からの電話には出ずに、留守電に要件を残してもらうようにしている。登録機能のない固定電話でも、出ないようにし、留守電に要件を入れてもらうことだ。

もし、本当に実の子供からの電話であれば、留守電に要件を残すはずだから、その場合は、改めて、こちらから電話を掛ければ良い。多少の手間はかかるが、何百万円もの大金を搾取されて悔しい思いをするよりもましだ。

振り込め詐欺に限らず、不動産や怪しい商品の勧誘などの場合は、たいていは、留守電に要件を残すことなく電話を切るため、無用なトラブルに巻き込まれることは防ぐことができる。

振り込め詐欺は、まず、電話から始まるので、その電話に出さえしなければ、引っかかる可能性はゼロとなるのだ。

それよりも驚くのは、多くの親が、簡単に引っかかって、何百万円もの大金を安易に「受け子」に渡していることだ。

大切な老後資金は簡単に引き出せないよう定期預金にしておくと、一呼吸置いて、直接、子供に電話をすることによって、それが、本当なのか嘘なのかを確認する時間的余裕も生まれるであろう。

また、たとえ子供がお金に関わるドラブルに見舞われても、簡単に、大金を提供しないことだ。いくら可愛いとはいえ、成人した大人がしでかした不始末は、原則、自己責任で処理させるべきであろう。

どんなに子供の面倒を見てやっても、親が金銭的に困った時に、子供が自腹を切って助けてくれる可能性は、ほぼゼロなのだから。

親子であっても、財布は別と明確に区分していれば、安易にお金を出すことは防げるのではないだろうか。

ホームセキュリティの必要性

個人旅行でアクシデントに遭遇しやすい人

個人で海外旅行に行くと何かしらのアクシデントは起こるものです。

それは、アクシデントが起こる原因があるからで、その原因を取り除くことができれば、ある程度、アクシデントが起こるのを防ぐことができます。

道を間違えるのは、地図をしっかり見ていないからですし、公共交通機関の乗り場を間違えるのは、リサーチ不足と思い込みです。もし間違ったら、窓口で聞けば解決します。

空港のロビーなどでは、よく荷物が盗まれますが、それは、荷物が自分の目の視界の外にあるためです。

置き引きやひったくりは、荷物から目を離して油断している隙に行われるからです。

また、タクシーに乗った時によくある料金に関するトラブルは、正規のタクシーではなく白タクに乗ってしまったからです。

料金メーターが付いていないタクシーに乗る場合は、走りだす前に料金交渉するのが常識です。

その他、屋台で売っている食べ物を食べたらお腹を壊した、観光地で写真をとってもらったら料金を請求された、などのアクシデントに巻き込まれるのは、日本と同じような感覚で海外旅行をしていて油断しているからです。

海外では日本の文化は全く通用しないし、日本のように清潔な環境な国は、まずないと考えて行動しましょう。

パッケージツアーの予約方法

昔々の結婚事情

昔々といっても、昭和20年から昭和40年の前半のころまでは、結婚はそれほど難しいものではありませんでした。

近所には、大抵世話好きの年寄りがおり、近所の子供が年ころになると、親に頼まれて、あちこち知り合いに手をまわしてお見合い写真を集め、それを本人に見せて、もし、お互いが興味を持てば、即、お見合いの場がセットされまた。

そして、お互いが結婚しても良いとなれば、本人達がなにもしなくても、親や親戚達が協力しあって、あれよあれよと言う間に結婚の段取りが整えられて結婚式が執り行われるのが一般的でした。

こんに具合ですから、男性であれば、20代後半、女性であれば、20代前半で結婚し、30代になると子供の一人や二人いるのが当たり前でした。

このため、30過ぎても独身でいる男性は半人前の変人扱いされ、女性であれば「行かず後家」と後ろ指をさされるのが落ちでした。

こうしたことが出来た背景は、まだ、「向こう3件両隣」という濃密な近所付き合いがあり、お互い貧乏人同士で経済格差もそれほどなく、男性も女性も、家庭でのしつけがしっかりしていたため、特別な条件を付けなければ、当たりはずれは少なかったこともあるでしょう。

当時は、戦後の復興期で経済成長が続いておりましたから、雇用不安もそれほどなく、会社も終身雇用や年功序列賃金が普通でした。

このため、将来に対する生活不安が少なかったため、女性も専業主婦として家庭に入れば良かったので、料理や裁縫、炊事、洗濯など家事が一人前にこなせれば良かったのです。

こうしてみると、こと結婚に関しては、当時はパラダイスのように思えますが、その一方で、娘が嫁に行くと、親は「片付いた」と言い、まるでモノ扱いでしたし、嫁ぎ先では、思い責任を負わされておりました。

それは、「3年たって子なきは去れ」と言われてように、子供が出来ない、特に、後継ぎである男の子を産まないと、「家に帰される」すなわち、離縁されてしまうのです。

これは、農家に良く見られたケースで、女性は息子の嫁であると同時に、労働力であり子供を生む機械でもあったのです。さらに、嫁姑の難しい問題も加わりましたから、結婚は、新たな苦労を背負わされる茨の道でもあったのです。

女性にとって、結婚は容易であったがモノ扱いされていた当時と、結婚難ではあるが、人間として尊重される今の時代と、どちらが良いのでしょうかね?

結婚は妥協の産物?

金正恩はカダフィと同じ道を辿る?

せっかく米国が、核・ミサイル実験を中止すれば、対話に応じると手を指しのべたのに、その手を振り払うかのように、7月29日には、日本領空を通過して北太平洋にミサイルを発射し、さらに、8月3日は水爆実験を行い、自ら対話の扉を閉ざしてしまった。

これによって、「金正恩の命」と「核・ミサイル」は益々、密接不可分の関係となり、一切妥協することが出来なくなってしまった。

現在、国連において石油禁輸を始めとする経済封鎖について議論されているが、それにも拘わらず、北朝鮮では新たなミサイル発射や核実験の兆候が見られることから、いかなる制裁決議にも耳を貸さず、強行するつもりなのだろう。

国内における記念日にかこつけて、ミサイルを発射し核実験をするのは、国民の自尊心を満足させ、正当性が低い金正恩自らの権威と求心力を高めるための「花火」としての役割もあるのだから、いくら国際的な圧力を掛けられても、止めることが出来ないのだ。

むしろ、これに対抗する姿勢を示すことによって、国民の関心を外にそらし、鬱積した気持ちを、一時でも晴らすことによって、自らの命を長らえる有効な手段として使っているのだろう。

問題は、金正恩が目指す核ミサイルの配備が完成した以降どうするかだろう。

完成した以上、これまでのように頻繁に発射や爆発実験をする必要がなくなり、「花火」として使うことも出来なくなる。

このため、当然、内政に力を入れて国民の生活向上に努める必要が生じてくるが、国際的な経済封鎖は格段に強化されているだろうから、経済面での発展はかなり難しいものがあるだろう。

全ての国家資源を核・ミサイル開発につぎ込んできたのに、それが完成しても、国民の生活は困窮したままでは、いったい、何のための核・ミサイルなのだろうという不満が出てくることは十分予想される。

核・ミサイルで恫喝して、経済封鎖を解除するよう国際社会に訴えたところで、国連決議を経ている以上、そう簡単ではないし、日米韓の3か国の核・ミサイル防衛態勢もかなり整っているだろうから、恫喝に屈することは考えにくい。

核・ミサイルがあることによって、イラクのサダムフセインのように、多国籍軍に攻撃されて命を落とすことはないだろう。

しかし、国民の経済的困窮的による不満を解消する術がない以上、いくら強権的な政治を続けても、脱北者の数は増大し、これが、国内の混乱を助長して、カダフィの二の舞になることだって十分考えられるだろう。

独裁政権は必ず崩壊するし、それは、外部の力でなく内からの崩壊なのである。何百個、何百発も核やミサイルを持っていても、これ自体は、そう簡単に使うこともできないし、食うこともできないのだから。

サプリメント・健康食品と薬との違いは

雪隠詰めにされつつある金正恩

国際社会から激しい批判に一切耳を貸すことなく、核実験を繰り返し、各種ミサイルを発射して日本や韓国のみならず、米国を威嚇してきたが、どうやら、こうした手法も手詰まりになりつつあるようだ。

6回目の核実験を強行しょうとしたが、米国は空母「カール・ビンソン」+B1爆撃機+原潜+巡航ミサイル「トマホーク」を展開して、米国が単独でも「先制攻撃」を行う態勢を整えたため、結局、核実験は封じ込められてしまった。

また、ICBMのロフテッド発射も、国連の制裁決議によって石炭・鉄の全面禁輸が全会一致で採択され、約10億ドルの外貨収入源を失った。

この決議は経済面だけでなく、これまで、北朝鮮に宥和的であったロシアと中国が採択に賛成したことにより、政治的にも大きな打撃であった。

次にICBMの発射実験を行えば、石油も禁輸になることが十分予想されることから、ICBMの発射は、かなり難しくなったと言わざるを得ないだろう。 これに加え、ICBM「火星14」のエンジンはウクライナ製で、ロシアか闇市場を通じて入手したのでないかと言われているが、この供給路を絶たれてしまえば、北朝鮮ICBM「火星14」を製造できなくなってしまう。

核実験とICBMの発射実験が難しくなると、次に繰り出したのが、7月10日のグアム島に対する4発同時発射による包囲射撃宣言だ。

金正恩にすれば、「挑発の本拠地グアム島を地球上から消し去る」と脅かせば、米国内の一部にある、核武装容認論を勢い付かせることができるかもしれないと期待したのであろうが、トランプ大統領の怒りを買っただけであった。

「炎と怒り」、「前代未聞の窮地に陥る」、「軍事的解決の準備は整っている」との警告に加え、「予防戦争」の可能性すら示唆されて、米国の決意の強さを思い知らされただけであり、結局は、「米国の行動をもう少し見守る」として引き下がらざるを得なかった。

これによって、日本列島を横断してのICBMの発射は出来なくなったと言えるだろう。

あと、金正恩に残された道は、SLBMの発射実験くらいしか残されていない。

得意の過激な言葉で恫喝しても、口先だけであったオバマと違い、売り言葉に買い言葉で、それ以上の過激な言葉で言い返され、しかも、口に出したことを実行できる圧倒的な軍事力を持っているのだから、うかつなことは言えない。これでは、お手上げだろう。

米国と戦争になれば、確実に北朝鮮は崩壊するし、かといって、強気の発言を繰り返し、強勢大国のスローガンの元、全てを犠牲にして核・ミサイル開発に邁進してきた手前、そう簡単に引き下がるわけにもいかない。

もし、弱みを見せれば、国内における自らの権威は一挙に失墜して、暗殺される危険性がある。

となれば、偶像化して「神」となり、現状逃避するしか方法はない。昨今の、北朝鮮国内における異常なほどの金正恩礼賛運動は、その一環として行われているのであろう。

しかし、いくら偶像化されても、金正恩の母親が在日韓国人であったという事実は消し去ることができない。もし、これが北朝鮮国民に知れ渡れば、この「神」は劣等国民になり下がってしまう。

それくらい、金正恩の立場は脆弱なのだ。だからこそ、強気の発言を繰り返し、恐怖で支配する強権政治に頼らざるを得ないのだ。 相次ぐミサイルの発射は、結局は、天に唾を吐く行為であり、今正に、にっちもさっちも行かない、雪隠詰めにされつつあるのである。

金正恩の生き残りの道は、「金正恩次第」なのだ。さあどうする?「自分で蒔いた種は、自分で刈り取る」これ世の中の鉄則だ。

一部の週刊誌などでは、9月9日開戦節がとりざたされているが、折しも、米国のダンフォード統参謀議長が中国を訪問し軍事面の調整(米朝開戦でも中国は傍観する?)が行われ、日米間では2+2が開催され、北朝鮮に対する圧力強化と日本の役割強化で合意したことにより、軍事力行使の環境は整いつつある。

韓国の文大統領は、「我々が運転席に座って主導して行く」と述べたが、そもそも、その車には、米国も日本も乗っていないのであるから、空しく響くだけだ。

慰安婦にしろ徴用工にしろ、国家間の約束事を、自分達のご都合主義で一方的に破るような国は信用できないし、無視するに限る。

ダイエットに運動は必須です。

米軍のシリア攻撃は第2次朝鮮戦争への号砲!?

4年前の2013年にこれを断行しておれば、その後のロシアによるクリミア半島併合やウクライナの内戦、中国の南シナ海における岩礁の埋め立て、北朝鮮よる急激なミサイル開発は無かったかもしれない。

そう、2月6日に行われた、米軍のシリア空軍基地に対する巡行ミサイルによる攻撃だ。

米国の利益を第一に掲げ、「世界の警察官ではない」と宣言していたトランプ大統領が、まさか、武力行使に踏み切るとは、誰も予測しなかったことであろう。

しかも、そのタイミングは絶妙だった。習近平が訪米した初日に実行したのだ。

習近平にすれば、移民制限、オバマケア、壁の建設など、トランプ大統領が選挙前に公約した政策がことごとく阻まれ、支持率が著しく低下しいるこの時期に、米国に乗り込んで、新しい大国関係を認めさせようと意気込んでいたのが、いきなり、パンチを喰らって機先を制せられてしまった。

米国内のみならず世界中の関心は、この攻撃に集中し、首脳会談は完全に脇に押しやられ、新しい大国関係を持ちだすような雰囲気ではなくなったのだから、完全に当てが外れてしまった。

しかも、この攻撃に「理解」をさせられてしまうなど、すっかり、米国側のお膳に乗せられてしまい、習近平にとっては、正に踏んだり蹴ったりだろう。

首脳会談において、米国が対北朝鮮政策に関して中国側に警告したのは、

■もし、中国が北朝鮮をコントロールしない(出来ない)のであれば、軍事力行使を含む対北朝鮮政策は、事前に中国の同意を得ることなく、あるいは、調整を行うことなく行いますよ!!!

■そうなれば、北朝鮮からの大量の難民が中国になだれ込むだろうし、金正恩体制が崩壊した後の国造りは米国が主導することになり、中国は朝鮮半島における緩衝地帯を失うことになるが、習近平さんそれでも良いんですね?

の2点だったのではないだろうか。

今後、米国としては、経済制裁から経済封鎖への移行、韓国に核兵器の再配備、韓国と日本にTHAADを配備、空母やB52による軍事的圧力の強化、断首作戦の準備など、金正恩体制崩壊に向けて着々と歩を進めて行くことになるのだろう。

ICBMへの核搭載を阻止しなければ、直接、米本土が核の脅威に晒されるのであるから、北朝鮮問題は、東アジアどころか米国自身の安全保障に関わる問題なのだ。

僅か59発のミサイルであったが、これは、第2次朝鮮戦争への号砲となるかもしれない。

そうなれば、当然、日本もミサイル攻撃を受けるだろうし、難民も来るだろう。その時、日本はどう対応するのか、国だけでなく、地方自治体、自衛隊海上保安庁、警察レべルで備えておかなければならないことは山ほどある。

それなのに、国会は8億円の土地取引や100万円の寄付など些細なことで大騒ぎしている、 今、現実に直面している日本の危機に対する鈍感さにあきれるばかりだ。

こんなことをしていると、原発事故の比ではない、とつてもなく大きなツケを払わされることになるだろう。

インターネットで、かにをお取り寄せ

金正恩排除の始まり?

2017年3月7日、ハンソル氏を名乗る男性の動画がユーチューブに公開された。

その動画は、脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」のホームページに掲載されたもので、時間は僅か40秒と短かったが、この動画で語られた話の内容は、重要な意味をもつものであった。

まず、「北朝鮮から来た。キムファミリーの一員だ」として、自分が白頭山の血統を受け継ぎ、北朝鮮で最高指導者になりうる正統な資格を有する者であることを明確にした。

次いで、「父は数日前に殺害された」として、2月13日にクアランプール空港で死亡したのは、「キム・チョル」という北朝鮮人が「心臓麻痺」で死亡したという北朝鮮側の主張を明確に否定した。これにより、北朝鮮側の主張は虚偽であることが立証された。

しかも、「数日前」と言うことは、マカオに潜伏していると考えられていたハンソル氏の一家が、早くも、暗殺事件発生から数日後には、安全な場所に保護されたという事実が明らかななったことだ。

これほど、迅速な対応ができることは、安全な場所に移すことを中国政府が同意し、背後にかなり大がかりな組織が動いたことが窺える。

移動を支援してくれたとして、オランダ、中国、米国の政府、それに、もう1つの匿名の政府(おそらく韓国)に謝意を表明したが、その中に、中国が入っていたのは当然だろう。

動画では音声が伏せられていたが、支援した人物として名前を挙げられた韓国駐在のオランダ・エンブレフツ大使が、仲介の労をとったことが窺えるが、注目すべきは、米国政府が含まれていたことだ。

このことから、今回のハンソル氏保護の行動は、この4か国の合意の下に実行に移されたのだ。

現在、ハンソル氏一家がどこにいるか不明であり、台湾、マカオのオランダ大使館内、あるいは、すでに米国内に居るなどの憶測が飛び交っているが、いずれにしても、少なくとも中国の手を離れ、米国の手の及ぶ所にいることは間違いないようだ。

すなわち、米国は金正恩に成り代わる資格を持ったハンソルという「玉」を手に入れたことになる。

国際社会からの激しい非難に耳を貸さず核武装やミサイル開発を継続し、多数ミサイルを発射して威嚇するのみならず、母違いとは言え兄を暗殺するという常道を逸した行為は、最早、国際社会が我慢する限界を超えている。

このままエスカレートしていけば、日本の領海内にまでミサイルを撃ち込むか、核までも使いかねない。この危機を回避するためには、癌の摘出手術、すなわち、金正恩個人を排除するのが最良の方法であろう。

おりしも、国際銀行間通信協会(SWIFT)は、北朝鮮の銀行にネットワークの利用を禁止する処置をとった。これによって、北朝鮮は資金の移動が出来なくなり、金融面で国際社会から遮断されてしまった。

人、物、金の3方面から包囲され、さらに、軍事面では韓国にTHAADを配備して対抗策を講じられ、いよいよ、北朝鮮はどん詰まりになりつつある。

中国も、いつまでも北朝鮮の肩を持つと、北朝鮮と同類と見なされて国際社会から非難されかねない、かといって、軍事行動もリスクが大きいし、体制が崩壊して大量の難民が押し寄せるのも困る。

残された手は、金正恩だけを取り除いて、ハンソル氏にすげ替えるしかない。今回の動画公表は、その第一歩を開始したことを宣言したのかもしれない。

ペット資格を取得するには